啓示_名古屋にて

名古屋の講演会に向かうにあたり、啓示をいただきました。

日本の東西を結ぶ街、名古屋。歴史ある熱田神宮を中心とした熱田の街と、徳川家康によって築かれた城下町の2つのエリアが中心となって拡大した名古屋です。

この地は、歴史上の者たちにより、優れた土地となりました。
しかしながら、この地に住む人の姿勢を、神様からご注意をいただきました。

 

秀(ヒイ)でた者たちが現れた、マコトに優れた土地である。
秀(ヒイ)でた者たちは、奢り(オゴリ)高ぶる。武も僧も、民もである。

奢り(オゴリ)が人を狂わせる。戦も、支配も、全て奢りである。
秀(ヒイ)でた者こそ、厳しく法が動き出す。諸行無常である。

この地の者たちよ。謙虚であれ。

謙虚こそ、この地を清める姿勢となり、
己の本領を発揮し、
いずこよりも秀(ヒイ)でた才を生かすであろう。

 

この地を清め、皆が霊的成長ができるように祈ります。