「大地の祈り」の旅・富士山へ参りました

「大地の響き」

大地の祈りの旅、富士山五合目に参りました。
前回の福島での祈りの後、

次は富士山で祈りを上げよ

という、御神言を頂きました。
そこで、準備を整え向かうこととなりました。

朝目覚めると、雲一つない晴天に恵まれました。
一合目からの道のりでは、朝日を浴びて秋色に輝く木々たちが迎えてくれます。
真っ青な空に、緑、黄、橙、赤、茶色などが見事な美しさを奏でています。

五合目に到着すると、空気が凛として澄んでいて、冬に雪が積もった静かな朝を思い浮かべます。
太陽の日差しが強くいつもより眩しく感じられ、自然の力を肌で感じます。

神の導きで30分ほど歩いた場所にたどり着きました。
その岩を見た瞬間、「あっここだ!」と感じました。

準備を整えて、心を鎮め、神と繋がり、祈り始めました。
ご祈願を始めるところから自分の力ではない力が加わりました。

大祓の風が吹き抜けていきました。
最後にウタヒを広く届けるための風が吹き抜けていきました。

祈りが終わると同時に、動かざる山が動くが如く、
大地の唸り声を三回聞きました。

そこに居た一同が、顔を見合わせてただ呆然と立ち竦んでいました。
目に見えない想像を超える力が働いていることを実感しました。

祈りを終えた後、光がとても眩しく輝いていて、写真でもその違いがはっきりと現れていました。
祈りによって体が軽くなった人や身体中が暑く感じた人など様々な体験をシェアしました。

これからの大変革に向けて、地域のカルマ、国のカルマ、民族のカルマを解く祈りの旅を続けて参ります。