お彼岸のメッセージ

皆様、秋涼の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。
大上院勝でございます。

もうすぐ、お彼岸を迎えますね。?

9月23日「秋分の日」は、「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」日として、国民の祝日に定められています。
お彼岸の期間は、9月20日〜26日の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。

彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略です。

仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味をもちます。

私たちが使っている「お彼岸」という言葉は、彼岸の期間に寺院で行われる彼岸会と呼ばれる法要や、先祖供養の意味で用いられています。

「お彼岸にお墓参り」という文化は、仏教徒が多い他の国と比べても日本だけの独特の風習です。

お彼岸の中日である秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響しているのでしょう。

そこで、お彼岸の期間に自宅でできる塩盛りをご紹介します。

御墓参りに行けない方はこの塩盛りをして差し上げると先祖の皆様はお喜びになられます。
御墓参りされる方も塩盛りされると喜ばれます。

【準備するもの】
お盆(半紙がのる大きさのトレー)、半紙、筆ペン、波動の塩450g1袋

【半紙に書く内容】

祈願

 祈願者(祈願者の名前を書き入れる)

顕界と霊界に霊的進化と調和がもたらされ、此の世に神の国を実現させ給え。

世界の国々のカルマ民族のカルマが成就し、世界が平和になり地球社会を実現させ給え。

〇〇の先祖代々の御霊達(自分の父方)

〇〇の先祖代々の御霊達(自分の母方)

〇〇の先祖代々の御霊達(婚姻相手の父方)

〇〇の先祖代々の御霊達(婚姻相手の母方)

それぞれの先祖代々に流れるグループのカルマが成就し、 皆を霊的に成長させ給え。

宇宙の創造主、守り給へ 幸へ給へ

【塩盛りの期間】
〜9月26日まで

【片付け】
塩盛りの期間が終わりましたら、お塩は水に流します。
(台所でもどこでも流せるところで)
半紙は四つ折りにして、火で燃やします。
部屋の中で燃やす時は、台所でフライパンの上で換気扇を回しながら火をつけます。
終わりましたら水をかけてから灰は流します。

【祈り】
期間中は縁あるすべての御霊達を意識して祈ります。
お持ちの祈り文を使ってください。

みなさまとご家族にとって、日々の健康とご多幸をお祈り申し上げます。
大上院勝