御神言をお申し込みされた方へ

御神言を受ける前に、必ず、ご視聴ください。

下記のリンクをクリックして、ご視聴ください。

【第111回】『先祖の因縁を解く 大上院ご夫妻ご降臨 前編』の巻
【第112回】『先祖の因縁を解く 大上院ご夫妻ご降臨 後編』の巻
【第137回】『先祖の因縁 体験者は語る 前編』の巻
【第138回】『先祖の因縁 体験者は語る 後編』の巻

御神言を受ける前に必ずご一読ください。

御神言とは、ご相談の内容の起源や原因を特定することが目的です。
それによって、なぜ、このようなことが起こっているのかを知ることができます。
そして、知った内容に対してその原因を解消することを行うのが「三六九の儀」となります。

御神言では神様に伺って得ることのできる情報をお伝えいたします。

占いと違う点は、統計学に基づく内容ではないこと、
霊媒師と違う点は、霊達から情報を得ないことです。

なぜ、霊達から情報を得ないのか?

それは、それぞれの霊達が自分達の主張する事柄を伝えるので、一方的であり、またその原因を語るわけではないので、情報が限定的で信憑性が低いからです。

三六九の儀は、神様とひとつになって執り行うことで、「過去」昔の間違いに対する代償、「受け継いだもの」グループに起源を持つ汚染されたエネルギーの流れ「カルマ」の代償を払い清めます。

カルマには、個人、グループ、土地などがあります。

個人のカルマ
◇個人、夫婦、恋愛関係、色情、病気、過去の生き様、過去生一切
グループ(家・民族・人種)のカルマ
◇親子、母胎内、夫婦、父方と母方(実家・婚家)の先祖・民族の御霊
◇父方と母方(実家・婚家)の先祖代々・民族の地・墓
土地・国家のカルマ
◇歴史的に存在した出来事で刻まれた想念の土地
◇住んでいる土地、所有している土地
◇生誕地 ◇職場、学校、病院などの土地

御神言でカルマの原因を知り、三六九の儀でそのカルマを解いて参ります。

当日は、何が一番お知りになりたいのか?

ご質問の内容をご準備ください。

よろしくお願い申し上げます。