お盆は顕界と霊界に調和をもたらす機会です

お盆の期間は、
御先祖の方々が帰ってくるのと、
また、
無縁仏や地縛霊がたくさん溢れ出す姿が見受けられます。


令和二年、
8月(旧盆)を迎える地域の方々は、

13日が盆入りで16日が盆明けとなります。

”平和の主(あるじ)となれ

不穏 不信 不義

想念の界が揺らぎ 
人々から発せられ人々を惑わす 
荒れた世はしばらく続く

己が平和の主となれ

不穏を平穏に 
不信を信心に 
不義を正義とせよ

己から平和を発せよ”


一人ひとりが平和を祈ることで
顕界と霊界の調和をもたらすことができます。

お盆はその調和を作り出す機会でもあり、
皆さんも実践されることをお勧めします。



お墓参りされる方は、
その時に使うお水に少しお塩を入れてみましょう。

お墓の土地とその周りに
塩水を時計回りに撒きましょう。



お墓参りに行けない場合は、塩盛りをしましょう。
お供物を一緒に備えましょう。


<お盆・感謝の祈り>


「顕界と霊界に
 霊的進化と調和がもたらされ、
 この世に神の国を実現させ給え。

 世界の国々のカルマ、
 民族のカルマが解け、
 世界が平和になり、
 地球社会を実現させ給え。

 第二次世界大戦で亡くなられた御霊たち、
 広島・長崎の原爆で亡くなられた御霊たち、
 空襲で亡くなられた御霊たち、
 縁あるすべての御霊たちが救済されますように。

 父方母方先祖代々の御霊達、
 家に流るる古き罪垢が清まり、
 皆が霊的成長ができますように。

 この土地に縁あるすべての御霊達が救済されますように。」

ご先祖様、いつも、ありがとうございます。
私たちに血と命を継いで下さりありがとうございます。

皆様の霊的進化と成長をお祈り申し上げます。



大上院勝

お塩盛りって何?

お塩盛りの作法をきちんと学んでみたい!という方へ

受けてみよう!《塩盛り講座》

お塩盛りの心構え、祈願文の作り方、塩盛りの方法、塩盛り後の処理、塩盛りに変化が起きた時の対応などを学ぶことができます。 ご自宅でZoomで受講できますので、お気軽に御受講ください。
塩盛り講座の詳細はこちら


※塩盛りを行うのに必要な、お盆、半紙、筆ペン、お塩がセットになった「塩盛りセット」も準備しています! ぜひご利用ください。
塩盛りセットはこちら