珠生の《カルマ体験談・1/17号》

秘書Tの《カルマ体験談・1/17号》

本日のテーマは

【今日逃げても明日報いがやってくる】

ごきげんよう、角尾珠生です。

こちらは皆様の
《三六九の儀》や《塩盛り》
《カルマ》に関わる体験談を
私が優しく一刀両断しつつ、
解説させていただくコーナーです。


今回はシェア会にてSさんから
伺ったお話をご紹介いたします。



【Sさん】 
(*S家は旦那さんのご実家です)



S家のそんなに遠くないご先祖様が借財をして、
事業を始めたもののそれが上手くいかず、
借金を踏み倒して、
元々住んでいた土地から
逃げてきたという事があったそうです。

夫は、学校を卒業後に
こちらへ縁故就職で来てるのですが、
そこの社長さんのお子さんが皆さん出て行ってしまったので
夫が事業を引き継ぐことになりました。

でもその時に2億円くらいの借金があって
最初から借金を抱えたまま後を継いだ形になったのです。

最初、社長さんは自分の財産を処分して、
なるべく借金を減らすと言っていたのに
結局、逃げてしまいました。

ご先祖様のやったことが
そっくりそのまま返ってきたかのように
そこから何をやっても上手くいきません。

夫は家にも帰らず
会社で寝泊まりをして働いて、
私も子供が病気の時も関係なく仕事をしてきました。

他にも、その社長さんのために家屋敷を担保に入れたから、
今自分たちの住んでいる所のローンを
払ってくれないと困ると言われてずっと払ったり。

どうしてもと頼まれたばっかりに、
別の方の借金を被ることになったり。
そんなこんなこんなで30年以上やってきました。

きっと過去に何か悪い事をしてきた報いなんだろうな。
と思いながら超えてきたのですが、
同じことの繰り返しで。

いろいろな方の本を読んだり、話を聞いたりして、
人生を変えようと試みて、気分的にはずいぶん変わったのに
起こる現象は変わらなくて。

そんな時に先生方の活動を知って、
講話会に参加したのがきっかけでした。


とても分かりやすいカルマの法則ですね。


カルマは解消しない限り、付いて回ります。
該当する現象が起こり続けるのです。

この場合、
カルマを作ったのはご先祖様で
Sさんも旦那さんにも直接の非はありません。

しかし、
子孫とそのパートナーという関りがある以上、
カルマの法則は等しく働いてしまいます。

カルマの法則について学ぶと

【自分がやったわけじゃないのに、なぜ?】

と思う事が時々あります。

先祖・家族・過去生の自分・周囲からの影響etc…

私は関係ないんですー!と叫んでみても、
カルマ宅急便の配達員さんは逃がしてくれません。

いりませんー…!



「いいえ、
 確かにこちらにお届けするようにと
 伝票に書いてありますので、
 何が何でも受け取っていただきます。
 泣いても喚いてもここに置いていきます。」

置いてきますねー♪



強引さ200%です。
どこにいても何をしていても
カルマ宅急便は届きます。

もうどうせ届くなら、
大人しく受け取っておきましょう。

素直に受け取ればその分だけ
新たなカルマを作らずに済みます。

しかし、その法則を知ってか知らずか

【逃避】される方というのが、一定数いらっしゃいます。


特にお金が絡むと人は愚かな判断をしがちです。

借りたお金を返さない。
払うべきお金を払わない。
人からお金をだまし取る。
人からお金を盗む。

私の周囲にも
そういう方がいらっしゃいました。

逃げた側からしたら
ラッキーと思っているかもしれません。

しかし、

それによってカルマが生じ、
配達員さんがいつか必ずお届けに来るのです。

やっぱり
お届けしますねー♪



しかもカルマというのは、
雪だるま式に増えます。


明日か1ヶ月後か1年後か、
いつか届けられる時に、
元々の量の何倍にも増えている。
というのはよくある話です。



しかし、一方で、
Sさんと旦那さんの様に
逃げずに一生懸命自分の責任を
果たそうとする方もいらっしゃいます。

なんとかしなきゃ!



そういう方には、
必ず解決への道しるべが与えられ、
カルマを解消した暁には支払ったもの、
失ったもの以上に得るものがあります。



世の中の仕組みとは
このように上手く出来ているわけです。

今、面白おかしく生きられたらいい。
逃げてしまえば関係なくなる。
辛い事は見て見ぬふりをすればいい。
自分がやらなくても誰かがやってくれる。

そんなの知らなーい!…それでいい?



このように生きることが
カルマを作る事に繋がり、

更に膨れ上がったカルマをいつの日か、
自分自身、または、大切な人が、
解消する事になる


ということを
常に頭の片隅に置いて、

今あるカルマの解消に勤しみ
新たなカルマは作らずに
日々を過ごしていきたいものです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 0I3A3973-3-1024x683.jpg です



令和二年 祝
初話し会 & 新年会のご案内



皆さまの元を訪れると同時に、開かれた場をつくって参ます。
その初め事としまして、
「全員参加のお話し会」を開催いたします。

【日程】
2020年1月25日(土)
お話会:15:00〜17:30
新年会:17:45〜20:00

【場所】
お話会:東京都渋谷区内の会場
新年会:お話会会場近く 徒歩3分

また、お話会後に新年会を行います。
美味しいお食事とともに語り合いましょう。

お話会のみ、新年会のみのお申し込みも可能です。

詳細・お申し込みはこちら

人数に限りがございますので、 お早目にお申し込みください。