珠生の《カルマ体験談・3/6号》

秘書Tの《カルマ体験談・3/6号》

本日のテーマは

【土地は全てを記憶する】

ごきげんよう、角尾珠生です。

こちらは皆様の
《三六九の儀》や《塩盛り》
《カルマ》に関わる体験談を
私が優しく一刀両断しつつ、
解説させていただくコーナーです。

季節は春、
これから【新しい環境】に身を置く方も多いのではないでしょうか?
それに伴って【お引越し】される方もいらっしゃるでしょう。



色々な準備を進める中で
その土地にどんなカルマがあるのか
という事について考える方は少ないかと存じます。

例えば、

源平合戦を生き延びたとされる
安徳天皇が終の棲家とした土地に住む方は
幼い頃に平家の落ち武者の霊を見ました。



東京大空襲のあった土地に
引っ越した方は水回りの故障・不具合が頻発しました。



私は実家が蛇塚の上にあったので
子供の頃、蛇の化身にお叱りを受けました。



そのため蛇神様に見込まれたのか祝福なのか、
私と娘の舌先は少し蛇のように割れています(笑)


他にも元は戦場だった土地に建てられた
学校では事故や学級崩壊が絶えないなど。。。



このように土地のカルマは
関わる人々に何らかの影響を及ぼします。



土地のカルマ、
これは言い換えるならば
【土地の記憶】です。



その土地で過ごした人・物の念が残ったものですから、
大きな事件・事故が起こっていなくても
全ての土地が少なからず何かしらの影響を受けています。


え?じゃあ家も仕事先も学校も、
安全じゃないってこと?



と不安になりそうな話ですが、
ご安心ください。

どんなカルマも
解き清める事が出来ます。


でも、難しい事は出来ないし忙しいし…。
と思っても大丈夫。

今すぐ出来るお清めの方法があります。

それは【塩水を撒く】ことです。


なぜ塩水かと言うと、
まず塩は「お清め」と「エネルギーの注入」

というふたつの働きをしてくれるものです。

そして、

水に溶かしてまく事によって
「大地に広く染み渡らせ、洗い清める

という相乗効果があります。

お塩は、効果的に
お清めとエネルギーの注入を行うために
【波動の塩】を是非お使いください。


 <塩水のまき方>


 1000倍希釈した塩水
 (例:1リットルの水に1gの塩)を、
 大地に感謝して、
 玄関から時計回りに土地にまきます。


 マンション等の場合には、
 玄関、水回り、ベランダにまきます。




 塩水をまくのは手やジョウロなど、
 どんな方法でもOK。

 会社・学校など
 大胆にまく事がはばかれる場には
 ハンディスプレーに塩水を入れたものを
 シュッシュッとしましょう。



 
 <大地への感謝の祈り>

 塩水をまきながら、
 大地に感謝の意を伝えましょう。


 例:
 この土地を使わせていただき
 ありがとうございます。

 私たちを守り育んでくださり
 ありがとうございます。 

 この大地の歴史が清まり、

 皆が霊的成長ができますように。


 ちなみに私は、

『この土地を使わせていただき
 ありがとうございます。
 祓いたまえ、清めたまえ。』

 とブツブツ呟きながら撒いております。

 夫いわく、
 〈毎回、鬼気迫るものがある〉
 そうです。

 清めたいという気持ちが
 強く激しいのです(笑)

 声に出すのが恥ずかしい方は
 心で唱えてもOKです!

 塩水は、基本的に
 毎月1日にまくのですが、
 気になる事があれば、
 月に何度でもまきましょう。




 
あるお店の従業員の方は
人が帰る度に塩水のスプレーを
シュッシュッしたことによって疲れなくなったそうです。



このように、
今現在過ごしている場所や
これから赴く新しい場所に塩水をまいて、
綺麗に清まった土地で日々を過ごせば、
物事はより良くスムーズな方向へと進むでしょう。

ただし、



塩水を一生懸命まいているのに
効果が全く感じられない、
何か引っかかる事があるという場合は、

私の実家の蛇神様のように
頑固なお客様がいらっしゃる土地…

という事も考えられますので 、

一度、勝先生と道子先生に
ご相談される事をおすすめいたします。