<鎮魂の祈り>ワールドトレードセンターにて

2019年秋、
私は、神様からの命で、
アメリカの深いカルマを清めるために、
あの悲惨なテロ事件のあったニューヨークのワールドトレードセンター跡地へ
鎮魂のため祈りに行って参りました。

アメリカは、まだ若い魂であるが故に、エゴでの振る舞いが目に付きます。

この事件もアメリカが蒔いたタネが咲いた結果であるのです。
自国の利益のために、
戦争を仕掛けて他国に攻め入ることは許されることではありません。
国として行ったことは、必ずその国に返ってきます。
多くの人々が犠牲になり、この事件から世界が一変しました。

すべては、大統領選挙の不正行為から始まったことなのです。
不正がなければ、このような事件は起こらなかったでしょう。

ワールドトレードセンターで亡くなった多くの日本人の御霊たちを、
日本へ連れて帰ることは容易ではありませんでしたが、
故郷の日本へ返ってこられた御霊たちはとても喜んでいました。

これからは、一人ひとりが平和の主とならんことを願います。

「一人一人ができることがある」

祈る
あいさつする
いのちの尊厳と価値を知る
全てのいのちにである
己を大切にする者は
人を大切にする
己を傷つける者は
人を傷つける
勝手な者は
己に振り回され
人をも振り回す
自然の一部として生きるなら
自然に生かされる
自然を破壊して生きるなら
自然に破壊される
自らが最善の今を生きれば
相手も変わる
やがて世界が変わる
カミの世を目指せ

大上院勝