【受講生の声】魂の光プラクティショナー | 誠人くん

魂の光プラクティショナー 受講生の声をご紹介します。

Michikoメッセージ

魂の光は、新しい時代を生きる術であり、
そして新しく誕生してくる命(子どもたち)を育むために最も重要で
最も必要な教えでもあります。

科学では、未だに解明できないことを一つ一つ解明していきます。

命とは何か?
人とは何か?
家族はなぜ家族となるのか?
出会いやこれまでの人生の意味は何か?

こうして人類の歴史、自分自身のルーツの歴史を知り、自身の歴史を知り、自分自身という存在の意味を知ることは、新しい時代にはとても大切です。

そしてアクエリアスの時代には、「霊性」こそが主役となり、
霊性と社会性の両輪を育てる時代となるのです。

真のスピリチュアルの扉を開く時です。

曖昧で、あやふやな、イメージの世界ではなく、理想の世界ではなく、現実にしっかりと足をついて、自身の人生を生き、人生を自ら創造するのです。

そして、
自分という存在こそが、重要な世界の一部であると信じて動ける時なのです。

さあ、今こそ、自身という命に向きあいましょう。
さあ、今こそ、自身という個性に向き合いましょう。
さあ、今こそ、自身という才能を開きましょう。
今こそ魂の光を放射して、自身と人々を輝かせる存在となりましょう。
  

今回は、誠人くんの受講体験です。

___魂の光を受けた理由

受講のきっかけは大上院先生から魂の光というものを案内されたことでした。そこには“本当の自分を知りたい方”と書かれているのを見て、受けようと決心しました。

___受講を決めた時の気持ち

“本当の自分”を知りたいという思いでいっぱいでした。

今までは「どうして自分が生まれたのか」「自分が生まれてきた意味は何なのか」ということがずっと知りたかったのです。自分の存在証明が欲しいという感じです。
ですので、受講を決めた際は“本当の自分とは何か”を知りたいと思いました。

___受けてみての変化

受けてみての変化はあります。まず、自分が“今”どういう状態なのかを観察できるようになったということです。

今までは感情に流されるまま、無意識的な習慣や癖に流されるように生活してきたのが一つずつ点になって姿を現してきました。
そうすると無意識的だったものたちが意識的にできるようになり、今まで自分を制限していた習慣や考え方が変わり始めました。変わり始めたというよりは本当の自分に戻るような感じです。

他には、自信がつきました。今までは他者承認の欲求が強かったのですが、自分で自分を受け入れられるようになりつつあります。他人の目を気にしすぎて、自分の本心や本音は隠すことが当たり前でしたが、受講を終えてから少しずつ本音を話せるようになったと実感しています。
   

___皆さんへのメッセージ

何か今の自分に違和感がある、生きづらい、本当の自分がわからない…など感じる方におすすめします。もちろん、クラスの内容を見て学んでみたいという方でも。

ここでは、誰かが答えを教えてくれるということはありません。自分で自分を探求し、道を作るのが魂の光だと自分は思います。ですから、自分おことがもっと知りたいという方にもおすすめです。

文章では語りきれない体験がそれぞれにあります。皆さんの新たな体験と出会えると思います。
  

 魂の光プラクティショナー 体験講座
 >>> 講座内容の詳細はこちら

 次回の体験講座開催は…
 2021年1月17日(日)14時〜16時
 Zoomオンラインにて
 >>> お申し込みはこちら